製品情報詳細 製品情報トップ > 気象観測・水文観測 > 風向風速計
KOP-300
光ファイバー式風向風速計
 
用途
  • 山岳地帯
  • LNGまたは石油プラント
  • 電磁誘導の多い所
光ファイバー式風向風速計
お問い合わせ
自然計測ディビジョン
TEL : 03-3717-0101
FAX : 03-3718-0101
お問い合わせフォーム
 

特徴
  • 光ファイバーを利用した風向風速計で風向・風速の検出から伝送まで信号はすべて光で行います。
  • 発信器側には一切電気回路がないため、雷によるサージや電磁誘導等の影響を受けません。
仕様
風向風速発信器
検出方式プロペラ式
風向:光エンコーダ(64方位)
風速:光パルス
測定範囲風向:全方位
風速:1.0~90m/s
測定精度風向:±5°以内
風速:
10m/s以下 ±0.5m/s以内
10m/s以上 ±5%以内
一般仕様耐風速:90m/s以上
信号ケーブル:
8芯光ファイバーケーブル
変換器
表示範囲風向:
16方位(16分割LED表示)瞬間/
平均切替式
風速:0~90m/s(LED数値表示)
自動または手動切替式
出力平均風向:0~540°→0~1VDC.
平均風速:0~60m/s→0~1VDC.
シリアルカレントループ、RS-232C
一般仕様電源:AC100V±10% 50/60Hz
光ケーブル
種類GI型、石英ファイバ
コア径200ミクロン
伝送損失8dB/Km以下
外径約12mm以下
その他
オプション光ファイバーケーブル、風向風速3要素記録器、収納箱、気象庁検定