製品情報詳細 製品情報トップ > 気象観測・水文観測 > 雨量計・積雪計・蒸発
RK-2106
降水監視ユニット
 
用途
  • 転倒マス型雨(雪)量計と組み合わせて雨量に関する各種演算を行います。パソコン処理ソフト(別途)と組み合わせる事により、防災上重要な局地的な降雨の監視が出来ます。
  • 本ユニットでは降雨接点入力の時間管理を行うことにより降雨強度も算出致します。
降水監視ユニット
お問い合わせ
自然計測ディビジョン
TEL : 03-3717-0101
FAX : 03-3718-0101
お問い合わせフォーム
 

特徴
  • 転倒マス型雨(雪)量計であればメーカに係わらず接続出来ます。
  • 一台の雨量計からの信号で降雨量と降雨強度を演算致します。
  • 観測データは、RS-232C又はLAN経由で処理装置(PC)に接続出来ます。
  • 雨量計の動作の監視機能付きです。(接点異常、ヒータ異常)
  • 本ユニットをベースにしたシステムを気象庁殿もご採用頂いております。
仕様
降水監視ユニット(雨量変換器)
入 力 雨量計感部からの無電圧接点信号
1転倒雨量 0.5mm/1.0mm
接点出力信号 無電圧メーク接点信号
接点時間  0.1~0.2秒
出 力LAN 100BASAE-TX / 10BASE-T (RJ-45)
またはRS-232C(受注時ご指定)
機 能積算降水量の演算
演算による降雨強度の算出
雨量計接点信号の状態監視機能
雨雪量計ヒータの動作監視
電源AC100V 50/60Hz